保険薬局ってどんな薬局?!

保険薬局というと、馴染みがない名称であることから、何か特別な薬局であるように感じてしまいますが、そのようなことはありません。 私たちが普段利用している調剤薬局は、すべて保険薬局となっています。それでは、もう少々詳しく保険薬局についてご紹介していくことにしましょう。
薬剤師 パート 求人

そもそも、保険薬局とは何なのでしょうか。簡単に解説すると、健康保険などの保険を使用した上で、調剤を行うことができる薬局の事を指しています。 また、調剤薬局で働く薬剤師は、必ず保険薬剤師の登録を済ませておく必要があり、登録が済んでいない薬剤師は働くことができません。

尚、保険を使用して調剤を行うことから、保険点数の計算はもちろんのこと、保険請求の手続き全般を行う必要があります。 ちなみに、保険調剤だけを行っているわけではなく、ドラッグストアで販売している大衆向けの薬剤を販売したり、調剤することもあるため業務内容は多岐に亘るといえるでしょう。

一方、保険薬局として登録を済ませていない薬局では、保険調剤を行うことが許されておらず、大衆向けの薬剤を販売したり、調剤することしかできないようになっています。 ところで、最近の保険薬局の傾向についてですが、だんだんと増えてきているというのが現状だといえます。具体的に言うと、ドラッグストアをはじめ、地元密着型の小さな薬局などで、保険指定を受けるケースが増えてきているのです。

それだけではありません。他の保険薬局と差別化を図るために、数か所の病院の処方を請け負うなど、保険薬局によって様々な特徴が目立ち始めているといえます。 その他の特徴としては、薬剤師の判断でジェネリック医薬品の使用を決めることができるということも挙げることができるでしょう。保険薬局ではない場合、薬剤師の自己判断でジェネリック医薬品を使用を決めることはできません。

このように、保険薬局は今後も増えていくだけではなく、それぞれの薬局で特徴が分かれてくる可能性が高いといえそうです。

ページの先頭へ