薬剤師の学歴と就職・年収の関連性

一般企業の場合、学歴による待遇や、給与の差というものは厳格に存在しています。これは採用試験の時から如実に表われており、就職後も昇進や配置部署などに学歴が深く係わり、努力だけでは覆すことのできない「待遇差」「評価の差」というものが明確に出てきます。

それに対して、薬剤師は「薬剤師国家試験」に合格して資格を所得し、業務に携わる職業です。資格取得のためには大学の薬学部や薬科大学を卒業し、国家試験の受験資格を得る必要があるため、学歴はほとんど決まっていますし、他の職種や業種に比べると学歴による年収や待遇の差は発生しづらいと考えられています。

とはいえ、薬剤師業界に学歴による格差が全くないという訳では勿論ありません。例えば、「どの大学を卒業しているのか」という事が、就職・転職の際に重視される事も少なくありません。薬剤師が就職・転職活動を行う場合、選択肢はある程度決まっているのですが、特定の大学病院や、大手製薬メーカー、大手企業の薬品管理業務などの場合は、採用の際に卒業大学・薬科大学を厳しくチェックされるケースも少なくありません。

例を挙げると、厚生労働省が最も分かりやすいものと言えるでしょう。厚生労働省は国家公務員職の中でも難関であり、どのポストを目指すにしても入るのが非常に困難な機関です。

当然、国家公務員としての採用となるため、収入や福利厚生、社会的地位などの面で、他では得られないメリットを手にする事が出来ます。しかし、薬学部卒の人間が多く入省すると言われる厚生労働省であっても「ごく一部の大学の薬学部からの入省率が極めて高い」という、明確な事実があります。

薬剤師の場合、調剤薬局などで働くのであれば、学歴は不問というケースが多いですが、大手製薬メーカーや医療関連企業、特定の病院や行政機関へ入りたいと考えるのであれば、各大学・薬科大学の就職状況をしっかりとチェックし、就職に有利に働く受験先を選ぶことから始める必要があると言えるでしょう。

ページの先頭へ