魅力がたくさんある?!病院薬剤師の仕事について

病院薬剤師の仕事の魅力とは、どのようなものなのでしょうか。代表的なものを3つご紹介していくことにしましょう。

まず、1つ目は、調剤だけに限らず、臨床の現場に携わることができるということです。 以前の病院薬剤師は、病院内でひたすら調剤のみを行う事が多く、大学病院などの規模が大きい病院では、薬を貰うだけで1時間待ちといったことも珍しくありませんでした。

しかし、医療分業が進むようになってから、薬の調剤は院外にある調剤薬局が担い、病院薬剤師は臨床に携わるケースが増えてきたのです。 そのため、より薬剤師の専門性を高めやすくなってきたという点で、大変魅力がある仕事として捉える薬剤師が増加しているといえます。

2つ目は、薬剤のスペシャリストとして活躍できる場が、与えられるということです。多くの場合、病院薬剤師は外来の患者さん向けの調剤を行うことはありません。 ほとんどが、入院患者さん向けに調剤や製剤などを行います。また、特定の疾患に対して治療を進めていく場合、チーム単位で治療に当たるケースが増えてきており、その中でも病院薬剤師は薬剤のスペシャリストとして医療に参加するのです。

そのため、薬剤師にしかできない仕事を与えられる機会が増えることから、仕事へのやりがいが増し、より仕事に魅力を感じるようになる人が多いと言えます。

最後の3つ目は、専門性が高い仕事に従事できるということです。具体的にどのような仕事かといいますと、例えば、抗がん剤治療や、特定の疾患に使用するような、特殊な薬剤の調製などが当てはまるでしょう。 それから、薬剤に関する医療事故の防止や、院内感染を防ぐための対策など、院外の調剤薬局勤務などでは経験することができない、専門性の高い業務に携わることができます。

このように、今回は3つの魅力についてご紹介しましたが、この他にも病院薬剤師の魅力はたくさんあります。また、薬剤師らしい仕事に就きたいということであれば、病院薬剤師が最も適しているといっても良いかもしれません。

ページの先頭へ