薬剤師が仕事を辞める時に気を付けること

転職は、多くの人が1度は経験することだといえます。その際、必ずついて回るのが、退職した理由です。退職理由は、裏を返せば志望動機ともいえますので大変重要なのですが、意外と重要視していない人が多いようです。

特に、専門職である薬剤師の場合、転職した理由について面接で質問された際は、どのような回答が望ましいのでしょうか。詳しく見ていくことにしましょう。
パート薬剤師

まず、最初に気を付けておきたいことは、前の職場に対する不満を口にしないということです。転職するからには、何らかの理由があるということを、面接官もよく理解しています。 それにもかかわらず、前職での人間関係の問題や、仕事の環境、待遇に関する不満を述べてしまうと、周りの人間と上手くいかないのではないのかと考えられ、不採用となるでしょう。

確かに、自分に非はなく、前の職場に問題があることも考えられますが、そうだとしてもその時の不満を面接で伝えることは絶対に避けなければなりません。 では、面接にてどのように答えれば良いのでしょうか。それは、前向きな理由による退職であることを伝えるということです。

前向きな理由といっても、人によって様々ですが、例えば更なるスキルアップのためであったり、より自宅から通勤しやすい職場へ転職して、時間に余裕が生まれた分、勉強する時間に充てたいなど、考えればいくらでも理由は見つかるはずです。

また、このような理由が見当たらない場合でも、会社都合での退職ということであれば、そこまで詳しく退職理由について質問されないといえます。 会社都合とは、例えば、給料を下げられたり、人員削減が行われたり、転勤を命じられたという理由が当てはまります。 これらの理由であれば、面接官も致し方ない理由として納得してくれることでしょう。

近年は、薬剤師が余ってきているといわれています。地方都市などではまだまだ薬剤師が不足してるとはいえ、希望通りの職場へ転職することは難しくなってきているといえるでしょう。 ですから、退職理由を面接時に伝える際は、面接官に良い印象を与えることができる回答を、前もって用意していく必要があるといえるのです。

ページの先頭へ